スポンサーリンク

【筋トレ】筋肉痛が来ない!負荷が足りない?2日連続で筋トレしても大丈夫?

腹筋 雑記というか日記

立ち上がれない、力が入らないなどの副作用的な快感を味わせてくれる筋肉痛。

頑張った後のご褒美である筋肉痛ですが、皆さんは筋肉痛が来なかったらどうしますか?

今回は、

  1. 筋トレをしても筋肉痛が来ない時は負荷が足りていないのか?
  2. 筋肉痛が来ないから2日連続で筋トレをしてもよいのか?

ということを解決していきたいと思います!

1.筋肉痛が来ない理由は、負荷が足りていないから?

いいえ、違います!

筋肉痛と超回復・筋肥大との関係

 筋肉痛にならないといけないというのは、「超回復がおきないのでは?」という疑問からきているものだと思います。

筋肉痛が起こらなかったとしたら、トレーニング内容が不十分で超回復は起きないと判断できるかどうかについては、必ずしもそうとは言えません。

筋肉痛がなくても筋肥大することは最近の研究で判明しているので大丈夫です!

もちろんハードな筋トレをすれば筋肉痛になりますが、どれくらいの刺激をどのくらいの時間筋肉に与えれば超回復を起こすかについては大きな個人差があります。

筋肉痛にならなくても筋線維に刺激を与えることさえできたら筋力アップにつながります。

中には筋肉痛になるほどのハードトレーニングは筋肉の成長を遅らせるという考えから筋肉痛にならないようなトレーニングで成功しているボディビルダーやスポーツ選手も存在します。

負荷は増やした方がいいの?

ただ筋トレして強くなった筋肉は、その負荷になれてきますので、しばらく続けたら少しずつ負荷のレベルや回数、継続時間をあげていくと良いでしょう。 

2.筋肉痛が来ないからといって2日連続で筋トレをしてもいいのか?

超回復論でやった人も、毎日やった人でも結果を出した人もどちらもたくさんいます。

こればかりは自分の筋肉と相談しながら進めてください。

考え方としては、「どれ・どちらの方が早く、効率的に筋肉を成長させられるか」ということを大事にしながら、自分が正しいと思う説をもとに筋トレしていくのが、筋肥大・モチベーションにつながると思います。

正直、筋肉ってまだまだ未解明の部分が多いので、これからも情報はアレやコレやと変わっていくことでしょう。

思い出してみてください。

10年前に正しいと言われていたこと今では間違ったやり方・考え方なんてことはざらにあります。

例えば、卵は1日1個説とか、炭水化物抜きダイエットとかね。

そんな中で大事なのは、「自分が~になるためにはどれが正しいか」を自分で判断する力です。

3.まとめ:筋トレはガンガンやりましょう!(無理のない範囲で)

というわけで、筋トレを長年続けた身としては、

筋トレは、筋肉痛が起こらない限り・無理のない範囲でガンガンいこうぜ!

おすすめです。

筋肉痛時を除いては、休憩なんざ寝ている間にいくらでもしています。

むしろ、筋肉痛になることを目安にして筋トレを続けましょう!美しいバキバキボディを目指して!

タイトルとURLをコピーしました