スポンサーリンク

【将棋】原始棒銀戦法とコツを徹底解説!

棒銀系 将棋

棒銀」は居飛車の戦法で、飛車の頭を歩と銀で進めて角の頭を狙います。

そして、角や桂馬と連携しながら銀を繰り出して、一気に敵陣突破を目指します。

単純なようですが、攻撃力は高いので、初心者におすすめな戦法の1つでもあります。

今回は、いろいろある棒銀戦法の中から「原始棒銀」という戦法をgif付きでご紹介したいと思います。

原始棒銀戦法の進め方

原始棒銀戦法(序盤)

▲2六歩 △3四歩 ▲7六歩 △4四歩 ▲3八銀 △3二銀 ▲2五歩 △3三銀

▲2七銀 △3一角 ▲4六歩 △4二角 ▲2六銀 △3二金まで

序盤は、仕掛けづくりとなります。ここまでは特に駒交換もなく激しい展開ではないです。

原始棒銀戦法(終盤)

△3二金から

▲4五歩 △同歩 ▲1五銀 △1四歩 ▲2四歩 △同歩 ▲同銀 △同銀

▲1一角成

ここから、一気に白熱していきます。

まずは、四筋の歩の突き捨て。

これが、後になって活きてくる(角道を開かせる)と気付くのは、至難の業だと思います。

もし仮に、▽同歩ではなく違う手を打ってきたとしても、▲4四歩▲4三歩成とすれば、▽同金しか手は残りません。

そして、同じように2筋を攻略していけば馬が作れちゃいます。

相手が角道を開けるのを嫌がって、金を繰り出してくるかもしれません。

そうしたら、▲4四歩▽同金で、4四の位置に金を引っ張り出してくれば、馬は作れませんが、金は、ただで捕まえることができます。

次に銀の1筋への飛び出し。

あわてて歩をついてももう遅いということです。

そして、2筋の駒交換。

そのまますれば、2四地点に効いている駒数で後手が勝っているので勝敗は明らかです。

しかし、銀が2四地点に動いたことによって、角道を開けることになってしまいます。ここで、4筋に突き捨てた歩が効いてきます。

最後に角が成って見事、原始棒銀が成功したということになります。

この瞬間だけ切り取れば、駒の損得に関しては後手が勝っています。

しかし、馬が作れている点相手の矢倉を壊滅している点を踏まえると、明らかに先手優勢です。

まとめ・原始棒銀戦法のコツ

これは、やはり4筋の歩の突き捨てにかかってくると思います。

途中で原始棒銀に気付かれて対応されたら成功しません。

ですから、いかに早く角道を開けておくかが、重要になってくると思います。

そして、相手の記憶から薄れかかったところで一気に攻め立てるのがおすすめです。

※将棋盤は、「ぴよ将棋」を使用