スポンサーリンク

【将棋】矢倉棒銀戦法とコツを徹底解説!

棒銀系 将棋

棒銀」は居飛車の戦法で、飛車の頭を歩と銀で進めて角の頭を狙います。

そして、角や桂馬と連携しながら銀を繰り出して、一気に敵陣突破を目指します。

単純なようですが、攻撃力は高いので、初心者におすすめな戦法の1つでもあります。

今回は、いろいろある棒銀戦法の中から「矢倉棒銀」という戦法をgif付きでご紹介したいと思います。

お互いが矢倉を組み終わってから、いかに駒の交換をするか、という所がポイントになってきます。

矢倉棒銀戦法の進め方

矢倉棒銀戦法(序盤)

▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 △4二銀 ▲6八銀 △3三銀 ▲7七銀 △4四歩

▲7八金 △3二金 ▲5八金 △5二金 ▲6七金 △4三金まで

矢倉棒銀戦法(序盤)gif

お互いに矢倉を組んでいる途中です。ここまでは、特に激しい展開はありません。

△4三金から

▲7九角 △3一角 ▲6八角 △4一玉 ▲6九玉 △5四歩 ▲7九玉 △7二銀

▲2六歩 △7四歩 ▲8八玉 △7三銀 ▲5六歩 △4二角まで

矢倉棒銀が組み終わるまで(gif)

お互い矢倉が組み終わりました。後手は居玉を避けて、銀を繰り出すのに手数をかけた状態です。

矢倉棒銀戦法(中盤)

△4二角から

▲2五歩 △7五歩 ▲同歩 △同角 ▲3八銀 △6四角 ▲2七銀 △7四銀

▲2六銀 △7三桂まで

矢倉棒銀戦法(中盤)のgif

後手は矢倉を組み終わると、角・銀・桂を用いて徐々に上がってきます。

反対に先手は、銀を繰り出していきます。

矢倉棒銀(終盤)

△7三桂から

▲1五銀 △2二銀 ▲2四歩 △同歩 ▲2三歩 △同銀 ▲2四銀 △同銀

▲同角   △2三歩 ▲4六角まで

矢倉棒銀戦法(終盤)のgif

お互いが攻めの形を決めつつ、先手が棒銀を仕掛けました。

▲2四歩に△同歩としてしまうと、2四地点に効いている数の力で後手は突破されてしまいます。

ですので、後手は対策として2二銀と引きます。

そうなると棒銀が成功しないので、先手は▲2三歩として無理やり銀を引っ張り出します。

そして、見事銀交換が成功しました。

さらに、角交換まで見える形に持っていきました。

一歩損はしましたが、相手の矢倉の要でもある銀をはがして、この状況まで持ってこれたら成功と言っていいでしょう。

まとめ・矢倉棒銀戦法のコツ

今回のように相手が組み終わってしまうと、守備側の方が有利になってしまいます。

ですので、▲2三歩のように少し工夫をして駒交換をする必要があります。

※将棋盤は「ぴよ将棋」を使用